妊娠出産でお金がない!お金がなくても情熱を注ぐ?

我が家は結婚したばかりの頃、夫婦共働きでした。
子供もいなかったため、裕福というほどではありませんが、特にお金に困ることはなく優雅に生活していたんです。

 

ところが私の妊娠がわかって、体調不良のために会社を退職することになりました。

 

当時はまぁ仕方がないかな、くらいにしか考えいませんでした。

 

ところが、今ほど行政のサポートが充実していなかったこともあり、妊婦健診や交通費でお金はどんどん飛んでいってしまったんです。

 

 

つわりがあまりにひどくて入院するハメになり、退院後も毎日のように点滴に通いました。

 

交通の便が最悪の病院を選んでしまったこともあり、タクシーでの通院は、往復五千円にもなりました。

家では家事すらできず、ほとんど寝込んでいる状態でした。

 

当然夫の食事などは店屋物に頼らざるをえず、出費はかさむ一方だったんです。

 

 

さらに、出産予定日より早い年末に破水して入院することになってしまいました。

 

結局緊急帝王切開で出産したのですが、年末年始・祝祭日・緊急帝王切開と重なったため、請求金額は通常の分娩よりかなり多くなってしまったんです。

 

 

私の退職で収入が半分途絶えたところに、これらの出費が一度にドーン!と押し寄せてきました。

 

出産後も、オムツやら肌着やらのベビー用品大量に必要になってきます。

 

もちろん出産祝いなどはいただきましたが、内祝いで半額ほどお返ししなければならないので、あまり足しにはなりませんでした。

 

結局それぞれの両親に甘えさせてもらって、なんとかその窮状を乗り切ることができました。

 

 

我が家は両親が共に健在だったので、まだ良かったと思います。

 

けれど、金銭的に頼れる人がいないというご夫婦も多いかと思います。

妊娠・出産はおめでたいことですが、何が起こるか本当にわかりません。

 

急な退職や入院で、収入が途絶えるかもしれません。
何の準備もなくこんなことになった私が言うのもなんですが、子供が欲しいと考えている方は、それなりの蓄えなど準備をしておくべきだと思いますよ。

 
お金がない方はこちらをご覧ください↓
 
http://xn--n8jlg4jva3973fpdjr23a2m1a3tq.com/

 

給料はいくらぐらいあれば人間は満足できるのか?
 
今日は海外の人が日本に来ている理由を紹介しているテレビを見ていたのですが、人生の楽しさは改めてお金じゃない事を理解出来た事と同時に、お金も最低限ないと何もできないという事実もあります。
 

 

人は100万円以上稼いでも満足できない人もいれば、仕事の充実感を持って楽しみながら人生ライフを送っている人もいる。
 

どっちが正解かわからないのが一番言えるかもしれないですね。